バッチファイルの作成方法 | モノクロエディタ

スポンサーサイト

広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

バッチファイルの作成方法

広告

ファイルを実行するなどのコマンドはWindowsの場合コマンドプロンプトに直接入力すればよいのですが、よく使用するコマンドを入力するのはとても面倒です。
特に、コマンドプロンプトで日本語入力をする場合、「Alt+半角/全角」を入力しなければなりません。普段はこのようなショートカットキーは使用しないので慣れませんよね。
そこでコマンドをテキストファイルに予め記述しておき、そのファイルを実行することでコマンドの入力の手間を省くことができます。このテキストファイルをバッチファイルと呼びます。
UNIX系のOSではシェルスクリプトにあたります。
  • バッチファイルの作成
バッチファイルの作成は非常に簡単です。
まずテキストエディタを開きます。
ここにコマンドを羅列していくだけです。
ファイルが完成したら保存をします。
ファイル名は任意ですが、拡張子は「.bat」にする必要があります。
[ファイル名].bat
  • バッチファイルの実行
バッチファイルの実行も非常に簡単です。
バッチファイル名が「batch.bat」の場合、以下のいずれかのコマンドを入力します。
  • batch.bat 
  • batch
バッチファイルはコマンドで実行する以外にもバッチファイルをダブルクリックするだけでも実行することができます。
関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ネットワーク (1)
Windows (3)
アプリケーション (2)

月別アーカイブ

プロフィール

モノクロエディタ

Author:モノクロエディタ
ネットワーク運用管理の研究をしています。
アプリケーション層から物理層まで、幅広く情報を発信していこうと思います。

タグ

WebMatrix PATH Scapy batファイル 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。