【Windows XP】WebMatrixでPHPを有効にする | モノクロエディタ

スポンサーサイト

広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

【Windows XP】WebMatrixでPHPを有効にする

広告

前回の記事でWebMatrixのインストール方法を説明しました。 WebMatrixのインストール方法 Windows XPでは【PHP設定】の【phpを有効にする】のチェックボックスにチェックを入れてもphpのインストール画面が出ない問題があります。 Windows XPでPHPを利用するためには手動でPHPをインストールする必要があります。
それでは手順を説明します。

Windows XPでもWebmatrixでPHPを利用する方法

  1. PHPをダウンロードする 以下のリンクからphp-5.4.9-nts-Win32-VC9-x86.zipをダウンロードします。 php-5.4.9-nts-Win32-VC9-x86.zip
  2. zipファイルを展開する 展開する際のフォルダ名を【v5.4】にします。
  3. 【PHP】フォルダを以下の場所に作成する
    C:\Program Files\iis express
  4. 【v5.4】フォルダを以下の場所に移動する
  5. C:\Program Files\iis express\PHP
  6. PATHを通す PATHの値に
    C:\Program Files\iis express\PHP\v5.4
    を追加します。 PATHの通し方は以下のリンクを参照して下さい。 PATHの確認・更新方法
これでWindows XPでもPHPを利用することができます。
関連記事

タグ/ WebMatrix
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
ネットワーク (1)
Windows (3)
アプリケーション (2)

月別アーカイブ

プロフィール

モノクロエディタ

Author:モノクロエディタ
ネットワーク運用管理の研究をしています。
アプリケーション層から物理層まで、幅広く情報を発信していこうと思います。

タグ

WebMatrix PATH Scapy batファイル 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。